自動で家事をしてくれる

>

協力して社会を生きよう

負担が減ることは事実

例えばお掃除ロボットでも、段差を超えることはできません。
皿に部屋の隅のゴミは、吸引できないなどのデメリットがあります。
ですから別の部屋までお掃除ロボットを人間が運んだリ、隅は自分で掃除するなどの工夫が必要です。
掃除の全てを、お掃除ロボットに任せることはできません。

新しくAIが搭載されている家電は販売されても、それは同じだと思います。
洗濯でも料理でも、AIにできないことはあります。
それを人間がカバーすることで、共存できます。
全てを任せることはできなくても、人間側の負担が減ることは確かです。
これまでより、自分がする家事が少なくなるので時間や心に余裕が生まれます。
AIを、協力する意識を持ってください。

他のことに時間を使える

AIに家事手伝ってもらえば、他のことをする時間が増えます。
身体を休めたり仕事を進めたりするのが良いですね。
新しい仕事をしようと思っても、時間がなくてできない人が見られます。
無理に仕事を開始すると、失敗するので避けてください。
時間がたっぷりあれば、無理をしなくてもゆっくり進めて、新しい仕事を成功させることができます。

AIがあれば、可能性が広がります。
自分のやりたいことをやるために、AIに家事を協力してもらうことは欠かせません。
掃除だけでも手伝ってくれれば、自由に使える時間がかなり増えます。
金銭的に余裕がない人は、便利な家電を1つだけ買いのも良いですね、
最も負担が大きいと思う家事を、手伝ってくれる家電を選択しましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る